07月へ ≪08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫ 09月へ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは、世界に誇れること?

2011/03/17 23:58
明日で震災後、1週間になってしまう。
多分… こんなにも長く感じた1週間はなかったと思う。
「震災後、もう1週間経った」とは、どうしても思えないのだ。
この1週間、いろいろな思いが私を支配し、あらゆる感情に揺さぶられ続けている。
恐怖、悲しみ、一縷の喜び、怒り、不安…。


仙台の友人の安否確認ができたその夜、計画停電の発表が政府からあった。
 ランタン用に単1電池が必要だね~
 明日のパンと牛乳も買わないといけないね~
と夫と確認し合い、近所のスーパーへ行った。
我が家は、そのとき初めて異変に気が付いたのである。

何故、駐車場が満車?

スーパーへ入ると、異様な光景が広がっていた。
商品が殆んど無いに等しいのである。
レジには長蛇の列。
列に並ぶ人のカゴは、どれもが山盛りに
商品が、これでもかというぐらいに押し込まれていた。
その光景に、たまらない気持ちになってしまった。
買占めは、報道や政府が認知するより先に、とっくに始まっていた。
夫の母いわく、地震後早い段階で、商品の買占めが始まっていたと…。

その商品は、全部、本当に必要?
本当に必要な人に届かなくなるのでは?

ぞっとした。

そうして昨日、やっと政府から買占め行動に走らぬようにと周知が行われた。
けれど買占め行動は、今日も続いていた。少なくとも私の地域では。
今日の午後、大通りの両側にあるガソリンスタンドには、
信じられないほどの車が、給油待ちをすべく並んでいたのだ。
距離にして1キロ程の行列だったろうか…。
この行列に並ぶ車、全員が本当にガソリン(もしくは灯油)を必要としているんだろうか?
私はちょうど、被災地の友人へ向けて、営業所止めの荷物を宅配便業者へ持ち込むために車中にいた。
だから余計に、こう思った。

本当に必要な人に… と。 

世界が、被災地で略奪が起こらないことを賞賛すべき国・民族として
誉めたたえ尊敬の念を持ってくれている。
けれど、買占めは、お金を払った強奪・略奪ではないかと私は思う。
果たして、これは誇れることなのかと…。 
(追記:多少の買い置きは、各ご家庭のご事情もあるので必要だと思います!
 だけど、カップめんやレトルト食品を買い物カゴに山盛りに買うとか、
 日持ちしない野菜類、キャベツを3玉まとめ買いとか…
 そういった度を越す長蛇の列を目撃し、意義を唱えているのです。)

被災地の友人の荷物の中に、お米を入れてあげられなかった。
代わりに、1袋だけ辛うじて陳列棚に残っていた切り餅1キロを入れた。
(電子レンジとトースターと炊飯器、地震で投げ飛ばされたけど、生きてたんだって!!)
そう、今日も相変わらず、スーパーではレジに行列ができ、カゴの中は溢れんばかり… だったからだ。
いつもの1/4しか食べてないって言ってた友人に、温めるだけ、お湯を注げば食べられるだけの
食品をもっとたくさん送ってあげたかったのに。。。



このインフォメーショングラフィックは、昨日ツイッター上で公開されたものだ。
デザイナーを職業とする stam_mats2さん が制作され、
Twitter公式ナビゲーションサイト「twinavi」にて
「細かい数字の信憑性を全て確認したわけではありませんが、
 趣旨が伝わることが重要だと判断し紹介します。ご理解いただき適宜お使い下さい。」
と公式につぶやかれたものだ。

買占め反対!!

1-5a21ba13ab.jpg


我が家で必要だった単1の乾電池は、夫の母が使いかけのを4本分けてくれました。
パンは、店に売ってなけりゃ、焼けばいいじゃん!と開き直りました。
ただ、とはいっても、節電実施中ですから、実際はそうはいきません(^^ゞ
取り合えず、家にはまだ、玄米が2キロ弱あるし、白米は4合ぐらいあるし
いざとなったら、うどんを打てばいいかなぁ~と(笑)
家にあった食料で詰められる物は、友人の荷物の中に詰めたけど
もうしばらくすれば、通常の流通に戻るはずだから、ウチは心配してないも~~~~ん!!だっ(^O^)/

3月17日、23時55分 記


< 追記 >
現在、西濃運輸、佐川急便が被災地へ向けた輸送を再開していますが、
一般道を利用して現地へ向かうため、日数がかかるそうです。
荷物は、宅配ではなく、営業所止めとなっており、荷物が営業所に届いたら
荷受者に連絡をして、営業所まで取りに来てもらう方式をとっているそうです。
だから事前に、
・宅配業者のホームページや電話で問い合わせをして、営業所止め可能な営業所を調べる。
・送り先の方、つまり被災者に営業所の所在地を知らせて
 受け取りに行くことが可能か確認をしてから発送した方がよいです。



いつも、応援ありがとうございます。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

スーパーへは行ってないですけれど、マンションのコンビニではやはり電池やトイレットペーパーはなくなってました。
それでも水や食料品は少しずつ入荷はされてるみたいで、早い時間ならあるって感じです。
私も買占めって思ってもみなかったので、驚いてます。
きっと小さなお子さんがいたりするとどうしても買っておかなきゃって親として思うのかなとも思いました。

私は昨日は仕事場先もお休みでした。たぶん原発の心配からだと。仕事でパソコンをONにする必要がないので、節電のため一日中OFFにしてました。
そして照明や暖房も使わないように、圭佑とひたすら布団の中で寝て過ごしました!

めががんさん、こんにちは。
いつも暖かいエールを有難うございます。

僕もあの散乱した部屋でニャンニャを救出してから
私欲があまりなくなりました。
この子たちの命があっただけで十分だと思っています。
整骨院の前に大きなイトーヨーカドーがあって
食料品は凄い有様です。
ガソリンスタンドの渋滞も凄い。

僕らの地区は今のところ、計画停電の対象になっていません。
せめて節電ぐらいはと、整骨院も自動ドアは切り、
灯り半分でやっています。
早くみんなが、当たり前の暮らしが出来るように
頑張らなければなりませんね。

ほんとうに被災地でもないのに
パニックになっていますよね
経験した事のない災害に過剰に反応しているんでしょうね
普通に買い物をしていても「もしかすると明日にはないかも」と
思うと買い占めてしまうのでしょうね
どこもかしこも品薄状態です
どうすれば普通に戻るんでしょうね

おっしゃるとおりです。うちもたまたまカセットボンベがなくて、でもそのうち買えばいいかな。な~んて思ってたら、今度は全然ないし。それでもまァ、何とかなる。被災地に比べたら何てことないんです。買占めるなとは言えないけど、これはモラルの問題です。

計画停電、にゃんずにとっては痛いです。めががんさんのお宅みたいにた~くさん兄妹がいて、おしくらまんじゅできるのだったら、心配ないのかな~と思うのですが、一人っ子には辛いです。今更、湯たんぽないし。。。ひたすら抱いて暖めちゃう。うふふ。

お友達どんなにか喜んだことでしょう。流通が一刻も早く戻るといいのに。

インフォメーショングラフィック、まさに今のこの状況下…広めて行きたいです
今日は久々に駅前に出たのですが…先ほどの記事のとおりです^^;
ブログでもツイッターでも遠くは北海道、九州まで物不足だとか…
落ち着け!と一声大きな声で制止したいくらいです
本当に必要な人のところへ早く物資が到着することを祈るばかりです。

私は買い物しなくてもウチにあるもので十分だと。
パンはお家で作ると楽しいし、美味しいし
お家で作ること、ホントとっても素敵です^^
節電はしてますとも。
普通に暮らして行く上での、自分たちのために作るパンを焼くぐらい
買い占めで冷蔵庫をパンパンにしているよりかは
よっぽどエコだと私は思うんですヨ^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

仙台のお友だち、本当に無事で良かったですね。
そんな状況で電話が切れて...
元気な声を聞くまでのめががさんのお気持ちお察しします。

スーパー、こちらも本当に酷いです。
最初は2~3日で落ち着くだろう..と思っていましたが
どんどん酷くなっているような気がします。

本当に悲しい状況ですね。
本来ならこんな時だからこそ、助け合いが必要なのに。
わたしも先日スーパーでお米やカップ麺が全くないのをみてビックリしました。
トイレットペーパーも不足してるそうです。
もっと大変な思いをしている人達の事を考えてほしいですね。
計画停電が開始され初めて電気の大切さを知りました。
今後は電気が十分に供給されているときも節電をしていきたいとおもいました。

うちも震災の翌日、夫とスーパーに行ってビックリ仰天!入口からレジに並ぶ長蛇の列!うちは、二人暮らしで食べるものは何かしらあるので、パンだけでもと思ったのですが、夫に「パンがなくたって他のもの食べればいいじゃん」と言われ、何も買わずに帰りました。まず、うちにある賞味期限の近いものを食べてから買いに行けばいいですもん…
ガソリンもまだ半分残っているので、あまり乗らないようにしてます。
何より被災地優先にしなければ…!
こんな時こそ分け合い助け合いですよね!

こんばんは。
先日はお見舞いコメントありがとうございました。とっても嬉しかったです。

お電話で話されていたお友達ご夫婦がご無事で何よりでした。
めががんさんもすごく怖い思いをされたのではと、思いながら読ませて頂きました。
めががんさんご家族もにゃんこさんたちもみんなご無事で安心しました。

今日はスーパーには行かなかったのですが、昨日のウチの近所ではやはり棚がスカスカでした。
イトーヨーカドーでは箱なしのティシュペーパーが売られていました。
行ったのが2時ごろだったので、たぶん午前中は沢山の人がいたのでは?と思います。

我が家のにゃんず達も、余震でミシっという音がするとみんな一斉にキョロキョロ、緊張が走ります。
意外と平然としているのが月音です(笑)かなりの大物です!

まだまだ余震も多いので、みなさんお気をつけてお過ごしくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

福岡も棚に商品が品薄になっているものがあります。
でも、品薄になったものが明らかに被災地に送られているであろうものであることくらいは、私にだってわかります。
余震もなんの影響もない福岡人としては、自分のために大量に買うことはぜったいにできません。
子どもさんのいるお家は心配なんでしょうけど、これは、明らかに一時的なことなのだから、がまんではなく臨機応変するべきだと思っています。
まつぼっくり家は、ご飯がなければ、お菓子を食べれば良いじゃない・・・・をスローガンにいつも通りのお買い物です。

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。