09月へ ≪10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫ 11月へ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一生に一度かしらという緊張した日常

2012/07/08 00:34
5月の中旬から、毎週欠かさずに、病院へ通院をしているムクちゃん。
その間には、入院あり手術ありでしたが、根治のためのそれではなかったから
毎週末の検査結果は、悪い時もあれば、ほんの少しだけいいときもある。
ただ今は、数値よりも、食べて細胞を活性化させることの方が遥かに、非常に大事なこと。
数値の上下は、一つの目安としての材料になっている。
一番問題視しなければならないことは、食が細くなること。食事を食べなくなること。
毎日毎日、食事量をとても気にしてしまう。食べが悪くなると、本気で辛くなる。
でもムクちゃんは、毎食がんばってくれているんだ。

そんな風にムクちゃんを中心とした毎日。
正直なところ、5月の中旬から神経は張りつめっぱなしだ...。
それなのに、更に神経が刺激される事件が起きた。

休日の朝、起きたばかりで、ぼ~っとしていたところに
携帯メールの着信があった。友人からだった。
突然の病に倒れて、3週間入院していて、退院後に猫の飼育制限をかけられてしまったから
きぃちゃんに新しいオーナーを探してもよいか?という内容だった。
友人の突然の病が重症ということに、まず動転してしまって、
次にきぃちゃんのことを思って、動転してしまった。
きぃちゃんというのは、ウチからお嫁に行った女の子のこと。
「ウチに帰ってくれば、いいさ。」と言ってあげたかったけど
ウチには、病気と闘っているストレス厳禁のムクちゃんがいる。
でも...全く知らない人のところへ、きぃちゃんが去ってしまうことは
嫌だったし、どうしても考えたくなかった。
もしかしたらという一縷の望みを賭けて、休日の朝っぱらから、友達に電話を...。
たった一人だけ「考えてみてもよい」という返事をくれた人がいた。
入院している友人が退院したあと、きぃちゃんと面会してみて
問題なさそうだったら、里親さんにという方向にまとまった。

あとは、面会の日取りを調整するだけという段階だったのに。

突然、予想外の事態が発生した。
入院している友人のお姉さんが、友人の猫さん全員を保護団体に引き渡す段取りを
友人の了承なしに取り付けてしまった。
という連絡が、入院している友人から入ったとき、私は酷く狼狽してしまった。
友人のお姉さんは、友人には保護団体の名前も所在地も教えてくれないということだったから
保護団体より先に、きぃちゃんをレスキューしなければならなかった。
すぐさま夫に連絡を取って「私が明日、きぃちゃんを迎えに行ってくる。」と宣言した。
きぃちゃんの新しい里親になってくれるかもしれない友人には、夫が連絡を取って
事情を話すと、びっくりする勢いで話がまとまって、
きぃちゃん救出作戦に私達夫婦と友人ご夫妻とで向かうことになった。

入院していた友人を先ず訪ね、お見舞いし、詳しく状況を確認させてもらった。
すると、きぃちゃんの他にレスキューしてほしい猫さんがいるという。
3月に産まれたばかりの子猫3にゃんとシニアの猫さん4にゃんをレスキューしてほしいと...
更に驚いたことに、きぃちゃんは1月に出産をしたばかりで、その子猫が1にゃんいるという。

友人が入院して約1か月。
その間、最低限のお世話をしてもらうべくペットシッターさんに
お願いしていたということだったけど、家の中が、どんな状況になっているかなんて想像できなかった。
友人の家に到着すると、ちょうどシッターさんがお世話をしているところだった。
家の中は、掃除をしていないことから、言いようのない環境にかわっていた。

それでもめげずに、きぃちゃんを探すべく、名前を呼んだ。
何度か呼んでいたら、真っ直ぐにこちらに向かって走ってくる子がいて
抱き上げると、きぃちゃんだった。思わず、頬ずりをして
「きぃちゃん、きぃちゃん、よく頑張ったね。」と、涙がにじんでしまった。
それから、きぃちゃんジュニアを探し出した。6か月になるのに、痛々しいほどやせ細っていた。
3月に産まれた3にゃんは、極端な発育不良で、生後3か月の大きさでは、明らかになかった。
見た目の大きさだけでいうと、生後1.5か月といったところ。
猫たちは、猫風邪が蔓延していて、3月生まれの子達は、ワクチンを一度も打たずして
猫風邪に罹患してしまっている状況だった。子猫の猫風邪の治療が、
いかに大変なのか、ルーくんで経験済みだから、かなり深刻に受け止めた。

友人ご夫妻は、きぃちゃんと、きぃちゃんジュニアと生後3か月の子の中から1にゃん。
私が生後3か月のその子を見て「かわいい!タイプだ!!」と言ったら
「じゃあ、連れて帰ります。」とご主人が言い、いきなり3にゃんの子持ちになってしまった。
いや、させてしまったというのが正しいだろう。
そんなわけで。
ウチは生後3か月の3にゃんをレスキューだったけど、2にゃんのレスキューになった。
シニアの4にゃんは、友人のお母様に託すことに話がまとまっていたので、
間違いなくレスキューしてもらえるように、ケージに入れ、名前を書いたガムテープをケージに貼った。

そのときは緊急性の高いことだったから、考えるより先に行動してしまったけれど、
レスキューした帰り道、夫と「とにかくムクちゃんに移さないこと。」について話し合っていた。

レスキューした日は、深夜の帰宅になってしまったので、翌日、ウチの先生のところへチビ達を連れていった。
シッターさんが土足で部屋の中を歩き回っていたこともあって
とにかく細かく念入りにチェックをしてもらった。
耳ダニ、回虫、ノミ・ダニの初歩的なことから、毛をサンプリングして真菌の培養検査、
鼻気管炎的なウィルスかどうかの判断をするために、ベトベトの目ヤニを採取しての培養検査、
どちらの培養もとても大切なこと。そこまで手を尽くしてくれるから、頼りになる先生なのだ。

チビ達は、玄関を入ってすぐ横の部屋で過ごしてもらってる。隔離病棟的な役割の部屋になってる。
そこから、ドアを3枚開けたところに、ムクちゃんが常駐するリビングがある。
ウチの子達に猫風邪・真菌が蔓延しないようにしなければならないので
とにかく細心の注意を払って、肘から手までの手洗いの励行、
チビ達を抱っこしたら、服を必ず着替えることは必須。そうしてリビングへ向かうのである。
正直、すっげーーーーしんどい。5月からずっとムクちゃんのことで緊張状態にあって
その上プラスされた、もうひとつの緊張状態だもん。毎日時間が足りないし、身体もクタクタ。
時に心が折れそうになり、泣き言を並べてしまうこともあるけど、
でも!やり遂げなければ。子猫の風邪も真菌も治すのだ!!ムクちゃんも守りきるのだ!!
チビ達は、友人が元気になったら、お返しする子達。つまりそれまでのサロゲートマザー。
1か月かもしれないし、3か月かもしれないし、1年かもしれない。
すべては、友人の回復具合によるところ。だから、いつまでかはわからない。
それでもサロゲートマザー、頑張りまっせ。
そして友人が、無理なく日常を過ごせるよう、快復しますように。

ところで...なのですが。
3にゃんの子持ちにさせてしまった友人ご夫妻というのは、にゃちさんご夫妻です。
にゃちさんのブログに3にゃんが登場しています。きぃちゃんは風邪を引いていないけど
チビちゃんたちは、ウチと同じく猫風邪に罹患してるので、治療が大変で。。。
とにかく、早く全員元気に回復してほしいし、成長の遅れを取り戻せるといいと願ってます。

スポンサーサイト
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。